斎場に行く前の確認事項

斎場の予約は葬儀会社に依頼

斎場の予約は葬儀会社に依頼 親族が亡くなったとき近親者だけでお通夜から葬儀まですべて行うことはには無理が有り、葬儀会社に依頼することが一般的です。
お寺の檀家であれば、お寺にお願いすることも出来ますが、参列者の人数の関係でお寺が使えず、お坊さんだけお願いする場合もあり、またお寺から葬儀社を紹介されることもあります。
人の死はいつ訪れるか分かりませんから、斎条を前もって予約することは出来ませんので、短時間で参列者の人数から場所まで的確に決めて貰えるのが葬儀会社です。
宗派によってお経を読経する住職を選び、納棺から葬儀、出棺まですべて任せることが出来ます。
斎場は故人のご自宅の近くが一般的ですが、会社にお勤めの社員が亡くなった場合など参列者が多数になることが予想できる場合は、大きな斎場に依頼する場合と、近親者で葬儀をおわらせその後ホテルなどでお別れ会を開くことも増えています。
また季節によって斎場が直ぐに予約で無いことも有りますので、故人が生前語っていたことや、近親者が希望する斎場を選ぶことが重要です。

斎場でやっていいこと悪いことのルールとは

斎場でやっていいこと悪いことのルールとは 葬儀は葬祭ホールや会場で行われることが一般的です。
共用施設である場合が多いので、他人に迷惑がかからない心遣いをもつことが必要となります。
音響機器、楽器の持ち込みは斎場やご近所へ迷惑をかけるかもしれませんので、必ず確認を取りましょう。
写真を撮ることはルール違反なのか、これについては賛否両論あります。
地域性が強いですから、良い地域もあれば非常識であると捉えられてしまう場合もあります。
何年も会えない親戚同士の集合写真なら撮ってもいいかもしれませんが、基本的にはやめておきましょう。
斎場で出されたお菓子やお弁当、食事を詰めて持ち帰ってもいいのかどうかについてです。
これも地域性があり、田舎で親しい仲間内だけなどの場合はありかもしれませんが、基本的には失礼にあたるので周りに確認を取ってからにした方が良さそうです。
葬儀場と火葬場の行き帰りの道は変えた方がいいと言われています。
同じだと故人があの世とこの世を行ったり来たりして、成仏できないと言われています。
可能であれば変えた方がいいでしょう。