斎場に行く前の確認事項

斎場で香典を出す時に使える「ふくさ」

斎場で香典を出す時に使える「ふくさ」 斎場の受付けで香典を渡す時には、かばんや服のポケットからふくさに包んだ香典を出しそれを開けて渡します。
香典の入った袋をそのまま持っていって直接かばんなどから出して渡すということは避けましょう。
ふくさには結婚式などに使う祝儀用とお葬式に使う不祝儀用があり、それぞれ色が違います。
不祝儀用に用いられるのは主に黒です。
ただ祝儀用と不祝儀用を兼ねて使える色があり、それが紫と黄色です。
他の色はたとえ地味な色であっても祝儀用となるので注意が必要です。
また以前のふくさはただの四角い布でしたが、最近のものは祝儀や不祝儀袋を挟み込む形となっておりとても使い易くなっています。
葬儀はいつあるかわかりませんから、喪服と一緒に用意しておくのがよいでしょう。
急にお通夜や葬儀に出席することのなり、香典の袋だけしか手元になかった場合は地味な色合いのハンカチで代用してください。
斎場で香典をそのまま出すことは正しいマナーではないので注意が必要です。

斎場に持っていく小物のデザインで気をつけるべきポイント

斎場に持っていく小物のデザインで気をつけるべきポイント 斎場へ赴く際に持っていく小物のデザインで気を付けることは、華やかにならないという事です。
故人との最期のお別れの神聖な場所ですので、いくら黒くても、派手に見えるものは斎場には向きませんので避けるべきです。
例えば女性のバックですが、ブランド物のきらびやかなロゴが入っているものや、エナメルで花などのステッチの入った物などは止めた方が良いでしょう。
髪留めも黒いゴムなど地味なものが良いですし、シュシュを使用するのであれば無地の黒を選びましょう。
男性のネクタイも無地の黒いものが好ましいです。
黒でも派手な模様のものは避けましょう。
女性のアクセサリーですが、真珠なら良いとされる土地もあるようですが、するのであれば、黒真珠にすると良いでしょう。
また、指輪なども結婚指輪のみにとどめると派手になりません。
靴もシンプルなあまりハイヒールにならないパンプスがお薦めです。
男性の靴も派手なタッズや鋲が付いている物は避け、ノーマルな物にしましょう。