斎場に行く前の確認事項

斎場に持っていくバッグは派手すぎない物を

斎場に持っていくバッグは派手すぎない物を 葬儀に参列するときには黒の喪服を着ます。持ち物も不祝儀用の布製の黒のバッグが市販されていますが、持っていない場合他の黒いバッグで代用することがあります。その時気を付けなければならないのがいくら黒だといっても革製品や奇抜なデザイン、ピカピカ光るもの、目立つ金具が付いているようなものは避けることです。派手すぎるのはよくありません。
また販売されている不祝儀用のバッグはあまり大きくありません。そのため他にも持ち物がある時は別の袋類も同時に持つことになります。色は特に黒でなくても構いませんが、これもあまりにも奇抜で派手なものは葬儀には向きません。
もし荷物が多くなりそうであれば地味な色やデザインの風呂敷を用意しておくのも一つの方法です。風呂敷は小さくたためて持ち運べるので荷物と一緒に入れて準備しておけば便利に使えます。斎場に行ってから取り出し、持ち物をくるみます。葬儀が終わり斎場を出てからは元にもどせばよいのです。

斎場には「デラデラの光沢素材」は合わない

斎場には「デラデラの光沢素材」は合わない 斎場は葬儀、告別式が主に行われる場所です。葬儀や告別式には喪服を着るのが慣例になります。男性でしたら最低でも上下が黒色のスーツになりますし、女性でしたら黒のワンピースやツーピースまたは、和服が基本的な服装になるでしょう。喪服を着用するのが葬儀葬式の服装になります。また、女性は化粧も薄化粧で口紅などもあまり目立たないようにします。そして、装飾類では光るもの金、銀、ダイヤはもちろんですし宝石類は身につけることはだめです。そのため、女性が斎場で身につける宝飾類は必然的に真珠になっていきます。
身に着ける物から分かるように光るような素材の服を着ること厳禁になりますので光沢の出ない素材のスーツなどにしますし、冬でしたらマフラー、コートも同様に光沢のない素材にします。女性も黒色で光沢の出ないものを着用します。生地ですとシルクはだめですし、合成繊維の中でも光沢のあるものがあるので化学繊維系の服は礼服には不向きです。ウールなどが無難です。